2018年7月アーカイブ

Spider's jewel

| コメント(0)


18 07 097R303778 adbc

α7RIII + FE 35mm F1.4 ZA




滅多にない視界不良な濃霧の朝に見つけた “Spider's jewel”

たぶん濃霧だからこそできたjewelではなかったか、、と


























Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA

| コメント(0)


ネットでの評判はイマイチみたいだったが、50,85の次にラインナップとして必要かな、、と揃えた35mm単焦点

届いて試し撮りしてまず室内で撮影し色収差が気になった


揃えて初期不良保証期限(2週間)での試し撮りをした後、これという出番がなく放置だった

それが先週、何気に2017からのフォトテクニックデジタルのバックナンバーを眺めていると

最初のページ、作例でFE 35mm F1.4 ZAが多く使われていて

紙面で見ていてもこれがまた写りがなかなかいい










7R303755

α7RIII + FE 35mm F1.4 ZA




部屋で久しぶりに使ってみた上の写真、なかなかいい感じなので翌日のあさんぽ朝撮りに連れて行った















18 07 077R303773 mono



これまた味のある壱枚..

開放でのボケ感がなかなかいい














18 07 077R303759 adbst



緑色の紫陽花、初めて見た

、、というか、青い紫陽花が枯れ際に変色しただけだった















18 07 077R303769 adbst



雨上がりは楽し♪























たてもの園

| コメント(0)


18 06 30GFX08331 CC

GFX 50S + GF63mm F2.8 R WR




まさかの6月梅雨開けした翌日、東京のたてもの園に行きました

以前某撮影会がここで撮影を行ったことがあるのを知っていて、、

縁あって最近気になっていたモデルさんをここで撮ることができました

モデルさんも更なり、なかなかフォトジェニックな建物があり、このところお散歩撮影で陳腐なものばかり撮っていて飽き飽きしていた俺には最高の被写体でした















18 06 30GFX08302 CC




今回個撮ということ、機材を持っていきたく車で行きました


自宅からナビでルートを検索するとNon stopでも3時間半掛かるみたい、当日の朝出発で撮影時間に間に合わないと困るので都内に前泊しました

そして当日園に到着、機材を持込、受付に行きましたが受付で機材NG、、と叱られる有様、、

そのお高く叱る何様? 爆


予想外な外気温3?℃の最中汗だくになりながらの撮影

そして撮影が終わるといつものごとく一気に帰途へ、、

翌日はがっくりと身体に疲れがきてましたが、久々に手応えのあるお宝画像が撮れたので満足な小旅行となりました 嬉


撮影画像はこちら


































rain 180701

| コメント(0)


18 06 24GFX08154 CC

GFX 50S + GF63mm F2.8 R WR






































Fuji アイカップ EC-XH W

| コメント(0)


71OBRp6yvFL SL1500

Fuji アイカップ EC-XH W




ワイドアイカップ「EC-XH W」 (「Xシリーズ」「GFXシリーズ」共通)

・目の周囲を広くカバーするワイドタイプで遮光性が高く、長時間撮影において没入感が得られます

・90°刻みでアイカップを回転でき、左右の効き目、縦位置/横位置の撮影 などに対応可能です

・帯電防止コートにより、ホコリなどの付着を防止します





前々から気になっていたこのアイカップ、没入感を得たいため先日上京した時 yodo AKBで実物を見せてもらってから購入してきた

帰宅して早速使ってみると、メガネ装用の俺にはメガネが邪魔で没入感には至らなかったとです (T-T)

ふと閃いて、メガネを外した裸眼状態で視度調節を近視最大にしたら、裸眼での見え方はたぶん、ちょうど、いや微妙に合わないかも?そんな感じだったのでそれからGFX,α7RⅢを裸眼でファインダーを覗いています

(αはこのアイカップでなく最初から付いてきたアイカップ)

メガネは頭の髪の毛に差し、裸眼でファインダーを覗く、、

今までメガネ装用の時はファインダー内四隅までよく見えなかったのがよく見えるようになった

没入感が得られ、撮影に集中することができるようになった


メガネ装用の時、撮影した画像を液晶画面で確認するとき、大村崑のごとくメガネを下に下げて見ていたが、そんな見てくれよくない方法をしなくても画像確認できるようになった

頭の上に乗せているメガネ、撮影に集中するあまりメガネを乗せているのを忘れてメガネが地面に落下!

なんて、そんな心配があるがしばらくこの方法で撮影してみようか?と思っている






























このアーカイブについて

このページには、2018年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12