2018年4月アーカイブ

FE 90mm F2.8 Macro G OSS

| コメント(0)



4本目の矢を放った数日後、なんと!本命で品薄状態だったこれが入荷した、、との地図メールが届く、、orz..

それまでググってこのレンズを調べていた

光の玉ボケが汚い、、との酷評など気になったいたが、

朝活朝錬で壱番活躍するアイテムなので4本目の初期不良保証期限内だったが、立て続けにいくことにした 滝汗

これもあるしね、、

( 未だ断捨離範囲内)







18 04 227R301837 adbcol

α7RIII + FE 90mm F2.8 Macro G OSS



1st あさんぽ朝活にて、なかなかいい被写体が見つからなかった

とりあえず写りを見てみたい、、と思い撮った数枚の中からの壱枚

自分が望んでいたαらしいマクロな写りで一安心した










18 04 237R301844 adbcolo

α7RIII + FE 90mm F2.8 Macro G OSS



そして翌日撮った超絶な写りの壱枚、、

このレンズ、噂通り凄い写りだ..





studio jun.k
























gravure

| コメント(0)


18 04 217R301444 adbst

α7RIII + FE 50mm F1.4 ZA




ポートレな友が、東京の撮影会に遊びに来んか! (゚Д゚)ゴルァ!!

、、ということでその友が参加するWSに相乗りしてきた

WSはグラビア撮影でした 汗

もう枯れていて、もう俺はグラビアには “萌え〜” ないのか?と思っていたが、そうでもない自分が確認でき少し安心した 笑















18 04 217R301447 adbmon noex




瞳AF、よくわからなく、、過去αで参加した撮影会で瞳AFを試したが、AF-Aで使ってたりとか、設定忘れてDMFを使っていたりとか、AF-Cを使ってなく今回はAF-Cで撮影した

順光の時は気持ちいいぐらいビシビシと瞳にピントがきた

瞳、睫毛にくっきりとピントがきている確率は高かったです

今までのカメラだと、瞳にAFフォーカス枠を持っていってから構図だったけど、きょう気がついたのは構図を決めてから瞳AFのボタンを押せばいいんだな、、と

これって凄い!


ただ逆光、顔が暗くなるシチュエーションだと、は?瞳AFがまったく効かない、、(-_-;)

瞳にAFがきていないことが多々、、

途中からAF-Aを使い以前のように瞳にAFの枠を合わせてから撮影してたりしていた

まだまだ経験積まねばですかね、、


追記)調べたらありました、、汗 : 瞳AF














18 04 217R301535 adbst

α7RIII + FE 50mm F1.4 ZA




今回は最近ポートレの為に揃えておいたFE 50mm F1.4 ZAを実践で試したいということもあった

このレンズ、自分がαに移行するのを決意させたレンズ

もっと使いこんでそのポテンシャルを垣間見たい










18 04 217R301798 adbst




studio jun.k
























Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA

| コメント(0)



4本目の矢を放ちました 汗


途中ブレーキが掛かり、Xか?GFか?FEか? EF Again?、、

とずっと自問自答していたのですが、悩んでいてもしかたがないし、というか、つい最近FEで撮影した画像を眺めていて、なかなかいい、、と

MC-11を介してEFという選択肢はそのおかしな挙動を嫌って最初から考えてなく、、

α7Ⅲ発売後主たるFEレンズが品切れ品薄状態となり、本当はFE90 Macroが欲しかったのですが、、ポートレートで必須、無難な35mmを、、

また近々たぶん参加するであろうテーブルフォト workshopの為にでもあり、、

3本目からだいぶ時間が経ちましたがいきました

あ、これも始まったしね ^^















18 04 177R301428 adbst

α7RIII + FE 35mm F1.4 ZA

F1.4, 1/800, ISO100 (室内)




届くと、いつも恒例のピントチェックのルーティンをす、、

キーボードを斜めに傾け真横から撮影、AFは キーボードの“T”に合わせています

このレンズ、最短撮影距離 0.3mとかなり寄れて、F1.4にて合焦しているTからなめらかにボケていきますね


FEを使い出してから今のところ極端な前ピン、後ピンは発生していません、、

あとはポートレートで使い込んで判断します

Canon時代AFピントが暴れるレンズに苦労しました、特に EF85/1.2Ⅱ、SIG馬 Art 50/1.4、にはピント問題で散々な目に遭いました (-_-;)















18 04 177R301423 adbst



LED デスク照明下 “REGZA” にピントを合わせてます

拡大すると文字の周辺に若干収差が見られますが、F1.4にしてなかなかシャープな写りをしています

照度値: 2.92 室内にてこの写り、昼間屋外照度での写りが、明後日からのあさんぽ朝活が楽しみです

初期不良保証期限の2週間、しばらくはFE 35mm F1.4 ZAでの写真となります


ソニーT* FE35mm F1.4 ZA は開放付近は甘いが素晴らしい画質” 〜 デジカメinfo 〜















18 04 177R301424 adbst



開封の儀をしていて、ん?と思ったのは、防塵防滴とあるこのレンズ、マウント部に対防滴のシーリングゴムが無い、、

チェキしたらFE50/1.4にも無かった、、爆

雨の日は要注意ですな〜 汗


それと、、購入前インプレ調査でこのレンズは重い、、と酷評されていたのですが、我が家に到着して、、え?

、、と思わず、到着した外箱に書いてある品番を確認してしまった 笑

どこが重いんじゃ〜 爆

全然軽いじゃないか!


後日、インプレは続く..





studio jun.k























飛蚊

| コメント(0)


18 04 137R301409 adbclo

α7RIII + FE 100mm F2.8 STF GM OSS




あさんぽ朝活朝錬での壱枚..

前記したようにFE 100mm F2.8 STF GM OSSの実践ちゅ〜です

am 6:30頃にはあさんぽ朝活朝錬に出かけたのですが、すでにどピーカン状態でして、、

なかなかこれ!といった被写体が見つからず、、汗

やっと見つけたこの菜の花をパシャリ、、と

EVFでなんとなくの明るさはわかるが、より詳細に、、と背面液晶を見るが、やはりどピーカンなのでで明るさ具合がわからず、、

帰宅してモニタ見ながら露出補正した、、という顛末であり、今の時期もう少し朝早く出かけないとですな、、 爆










Dse15 1



ところで、、約2週間前の夕方、パソコンの白い画面を見ている状態、仕事をしていた時に気がついた視界の違和感、、

上の写真、壱番右の様なたばこの煙状のひぶんブンブンが左目(利き目)の視界にはけ〜ん! 視点とともに移動し、それも大きめなので五月蠅いのなんのって、、(-_-;)

お決まりのグーグル先生で調べる〜と、網膜剥離の可能性も無きにしも非ず、、とのことで、先日約2週間待ちの完全予約初診検査を受けてまいりました 汗

結果、異常無し、、

眼底と緑内障の検査までもしていただきました

老いとともの様々なカラダの病気発生の心配が気になってきているお年頃、目がダメになったら写真趣味もままならないな、、ととても心配しておりしたが、なんとかまだこの先続けられそうで安心いたしました 嬉























日常

| コメント(0)


日常

α7RIII + FE 50mm F1.4 ZA




studio jun.k

































お礼DM

| コメント(0)


7R301405 adbmon noex

α7RIII + FE 50mm F1.4 ZA




年に2〜3回ほど商品購入してくださったお客様に私の撮影した写真をお礼の言葉を添えてはがきサイズで送っています

HDDで記録を見たら2009年からコツコツと送っていたようです

正直、途中めんどくさく思ってもうやめようか?と思ったこともしばしばありました

後にそのお客様のお宅にお邪魔した際、部屋に私が送ったはがきサイズの写真が飾ってあるのを見かけるとやはり送ってよかったな、、と嬉しく思ったりしてました















18 04 087R301397 adbcol



この春はこの写真、5月初めに発送予定です




studio jun.k
























田人 石割桜

| コメント(0)


18 04 087R301395 adbmon

α7RIII + FE 100mm F2.8 STF GM OSS



灯台下暗し的田人の石割桜、なかなかタイミングが合わず今まで見たことがなかったのですが、遠出をしてないきょう(休日)、もしかして〜と思って行ってみたらほぼ満開、やっと見ることができました 嬉















18 04 087R301397 adbcol



綺麗ですね〜 ^^

、、って、αで撮った絵ですよw










18 04 087R301403 adbcol



石割桜のそばにあった花

FE 100mm F2.8 STF GM OSS に関してはネットでググってかな〜り調べていました

なかなか難しいレンズのFE 100mm F2.8 STF GM OSS、なんとなくわかってきたので実践してみるつもりです




studio jun.k

















flickr

| コメント(0)


Restaurant at A town




2006.5.7 この写真からスタートしたflickr、総upload数 4186 (2018.04.07)、12年になりました

当初は安くなってきたデジタル一眼(EOS 30D)を購入してのをきっかけにわんことゆんぼのテニス撮影をして楽しんでいました















スクリーンショット 2018 04 07 08 12 27



こうして2006〜の自分の過去の写真を眺めていると自分の写真はだいぶ変わったな..と感じます















スクリーンショット 2018 04 07 08 01 33



有料Pro契約をしています

写真閲覧者の統計を取るためです

たまに統計を見ているのですが、自分がいいと思った写真と閲覧数、お気に入りの数の差をいつも感じます















17-11-12XT202988_C4


2018.04.07時、閲覧数一位がこの写真















17-08-27GFX02078_C_Chrome



お気に入り数一位がこの写真

自分はいろいろ撮るのですが、やはり女性ポートレート写真のほうが人気のようですね、、笑















18 04 06XT203235 CC

X-T2 + XF80mm F2.8 R LM OIS WR Macro




この12年間いろんなところに出かけ、写真を撮り、また有料写真教室に数多く遠方まで出向いてきました

向上心が強い俺、これからも自分の写真にノビしろはあるのだろうか?と模索しています




studio jun.k























我們附近的櫻桃樹結束了

| コメント(0)


XT203231 ACROS 2NOEX

X-T2 + XF80mm F2.8 R LM OIS WR Macro





3/29に咲き始めた近所の桜、満開の写真は端折ってしまいましたが、だいぶ散ってきてそろそろ終わりです





※ タイトル、Google翻訳で、中国語 → 日本語で翻訳してみてください 笑


studio jun.k
























スクリーンショット 2018 04 06 17 47 17



LightroomとAdobe Camera Raw 2018年4月アップデートリリースを提供開始:新たなプロファイルの追加など



Adobe Camera Raw 10.3 大幅なアップデートとなりました

Fujiを使っている私はプロファイルからフィルムシミュレーションを選んで好みのイメージを選択していました

今まではそのプロファイルをクリックしないとでしたが、今回からマウスオーバーで反映されるようになりました

また上の右にあるようにグリッド表示・リスト表示を選べます


また以前VSCOはPhotoshop CC版を購入していたのですが、これもまたグリッド表示・リスト表示となり、以前はやはり都度クリックして反映させないとわからなかったのがマウスオーバーで反映されるようになり、凄く使いやすくなりました

これであればVSCOプリセットの使用頻度も多くなると思います




studio jun.k
















春の光と朝露と

| コメント(0)


18 04 04XT203219 PROVIA

X-T2 + XF80mm F2.8 R LM OIS WR Macro



春の光 朝露楽し 散歩道










18 04 04XT203217 PROVIA









18 04 04XT203216 PROVIA









18 04 04XT203223 Velvia




studio jun.k





























このアーカイブについて

このページには、2018年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12