XF56mm F1.2 R 1st

| コメント(0)



X-T2をゲトした際、中望遠は何にしようか?

と、 XF90mm F2 R LM WRのほうがボケが綺麗で防塵防滴なのでこちらを最初にゲトした

その後ネットなど見ていると XF56mm F1.2 R の評判がよく、使っている方も多いので気になっていた

すでに所有のGF110と焦点距離で被るが、今回5D4をドナドナしたPがあるので思い切ってXF56mm F1.2 R をゲトしてみた










XT202579

X-T2 + XF56mm F1.2 R

撮って出しJPG

1/200 秒, f/1.2, ISO 500




XF56mm F1.2 R が届き、早速試写

まずこの画像、拡大した時数字ボタンのあたりパープルフリンジと色収差がとても気になった















17-08-12XT202599_PRO Neg. Std

1/200 秒, f/2.0, ISO 640


少しぼかして画像処理している

この撮って出し画像をリアコマンドダイアル押しで睫毛のあたりを拡大するもやはりGFXのような圧倒的な解像感は無い..















17-08-14XT202636_Velvia




でもなぜか?浮き上がってくるような絵


.comの板などは様々なスキルのユーザーの主観で書き込まれているのであまりあてにしていない

情報が外れることもある

だから自分で使って確かめる



先日行ってきた写真展のX-Photographer、Xを絶賛し盛んに人に薦めていたがなぜか?GFXはゲトしようとはしていない

Why?



Xだからこそ撮れる被写体があるし、GFXじゃなきゃ撮れない被写体もある


GFXをゲトしてから画質至上主義の俺、GFXばかり使ってきた



この記事のこのフレーズを見てまた少しX-T2を使ってみたいと思った

今後このあたりを見極めていきたいと考えている




studio jun.k


















コメントする

このブログ記事について

このページは、jun.kが2017年8月15日 05:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Summer」です。

次のブログ記事は「Rain」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12