1DX Ⅱ型

| コメント(5)


4月にⅡ型が発売されました

2月の発表当時、その詳細を見て真新しいのが無くⅠ型とそんなに変わっていないな、、

と、スルーする予定でしたが、組の会合とかでⅡ型をすでに手に入れ使っていた仲間からの情報、また発売後に入ってくる情報などから、Ⅰ型をブラッシュアップされたⅡ型でなかなかいい!ということがわかってきました

前にも書きましたが、我思うに、、デジタルカメラを続けていくには、今ある資産をいかにして損金少なく新型に渡っていくか?が鍵になるかと、、

発売されてしばらく様子を見てから、、

そしてどうせなら地図株主優待券が届くのを待ってから、、と

地図株主総会が終わった7月頭に株主優待券が届きⅠ型を売却、発売されてから3ヶ月経過した今頃やっと手に入れたのでした








IMG_1339




4年使ったⅠ型でしたが、地図高額下取りのおかげで約50%追金で手に入れることができ、これもカノン機を使っているおかげかな、、と思いました

カメラ以外で周りを見渡してみて、4年使い込んでこんなに高額に売却できるアイテムって他にあるでしょうか?









16-07-10_DX20024


EOS-1D X Mark II + SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM

Manual. 1/320, f2.2, 評価測光, ISO 320

PS; ディテール重視





Ⅰ型のときは薄い絞りでのピント問題にかなり悩まされました

機材の問題なのか?それとも腕の問題なのか?とかなり悩んでいました

特に、SIGMA A 50mm F1.4 DG HSMはメーカーにピント調整に出したぐらいで、Ⅱ型を手に入れてまずはSIGMA A 50mm F1.4 DG HSMをテスト撮影しています

Ⅱ型のボディとなりこのピント問題が解決してくれているといいのですが、、








16-07-10_DX20062


EOS-1D X Mark II + EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

Manual. 1/250, f5.6, 評価測光, ISO 1600, focal length 400mm.

ノイズ処理無

PS; Landscape

ISO1600にて、、画像を300倍ぐらいに拡大してやんわりとノイズっぽいのを確認しました

噂通りノイズ耐性はいいようです






取説を眺めながら一通りお復習いしつつカメラの設定を一からやってました

Ⅰ型の時より使いやすくなる設定項目が増えています

そんな中、気がついたのがAFフレームの設定で、Ⅰ型で常用していた“スポット一点AF”

これの記述の中に、“スポット1点AFは測距範囲が狭いため、手持ち撮影のときや動きのある被写体に対してはピントが合いにくいことがあります” 

が〜〜ん!!

知らなかった、、orz..










16-07-10_DX20056


EOS-1D X Mark II + SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM

Manual. 1/1250, f1.4, 評価測光, ISO 500

PS; 忠実設定








16-07-10_DX20020







16-07-10_DX20052







16-07-10_DX20030




階調がよくなり画像の写りが滑らかに、ナチュラルになったような気がす..

でも、まだ約65枚しか撮影しておらず、インプレはまだまだ、、

まだまだテスト撮影は続きます..























コメント(5)

地図株主ですか・・、地図は利用しています。

私はカノンは最小限まで縮小してしまいました。

II型はブラッシュアップされているようで期待できますね・・

α ですか、今年大賞でしたね。

私はX100、X-Pro1とXシリーズの最初からのユーザーなので、進化の過程がわかります。
今回、X-T2ではAF-Cの動体追従機能が格段に進化したようです。

自分、D500購入しようと思い、全システムを下取り査定してもらいました。
査定金額・・・。
ガーン@@;ボディーとバッテリーグリップしか買えね~~(´;ω;`)
500mmや他のレンズどうしよう・・・。
自分の撮影スタイルだと、APS-Cに超望遠は必須アイテムなので、どうしようか
思案中です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、jun.kが2016年7月12日 20:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「朝活復活」です。

次のブログ記事は「Test Shooting 1DX Ⅱ  弐」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12