家計簿アプリ 資産管理 「マネーフォワード」

https://moneyforward.com/


が、何気になかなかいい..





スクリーンショット 2017 10 07 09 12 11




確か今年の初めだったか、何かでこのサイトを知り、一度は登録した

が、しか〜し、、

口座のID,PassWをこのサービスに預け、この会社に勝手にログインされてしまう、、というセキュリティ的な不安から一度は登録した口座を削除した

それから数ヶ月後、、

とあるYoutuberの動画を見ていて、このお方家計簿として使われているようで、またやってみるか、、と、再開した





Functions img 01 991b6ce216ef7af2eb53b9954e56f34d690d80cb0ba5656b6584623998deb07c



それが、、Amazon, ネットバンク, クレジットカードの明細など今までいちいちログインしてチェックしていたのがこのサービスに集約されこのサイトで管理できるようになった





Functions img 04 20ca23e715dd885a2fe1cfff32d48b11fa2c75ecf726f06b51d4fa937adbc429



家計簿ソフトというといちいち面倒な入力があるのだが、これは登録した口座から自動取得してくれて、後は財布からの現金出金を少々手入力するだけでほぼ自分の家計を網羅、それがこれの良さかな? 

あ、そうそう、レシートをカメラで撮影するとその項目、金額、お店の名前など認識してくれ家計簿に入力してくれるという優れ技もある





スクリーンショット 2017 10 07 09 25 15



マネーフォワードの主な機能に書いてあるように、自動で作ってくれた家計簿でお金の流れをグラフ化、そして資金の推移もわかる



ちなみに、俺はこの「マネーフォワード」を使うようになり自分の全体の資産を正確に把握するようになってから無駄使いをしなくなった
































activity tracker

| コメント(0)


activity tracker(活動量計)を使い始めたのはいつだったか?

自分のブログで調べてみたら、、

初代 Nike fuelband ; 2013/12 〜


二代目 EPSON PULSENSE 脈拍計測機能付活動量計バンド PS-100BL ; 2015/07 〜

二代目を使うようになって、心拍数を100以上に上げての運動が体脂肪減少に繋がることを知る

そしてウォーキングではなかなか心拍数が100以上になっていかないので、この頃からランニングに切り替えていったような記憶

でもこのPS-100BL、左手首にいつも着けていてインジケーターの光り方で現在のおおよその心拍数はわかるけど、お出かけした時に時計のように時間が見られないのが不満で3代目に移行した




参代目 fitbit charge HR

https://www.fitbit.com/jp/chargehr








fitbitの製品、結構評判よくこの動画を観ているうちにだんだんと欲しくなり手に入れたような記憶、、

でも実際に使ってみるとイマイチ、いちいちサイドボタンを押さないと数値を見ることができなく、しばらく放置していた、、





そして気に入って使っていたEPSON PULSENSEから新型 PS-600B/C が新発売されるのを知る

これぞまさしく俺が求めていた活動量計だ!

と、発売と同時に購入す

http://www.epson.jp/products/pulsense/ps600b/











PS-600B/C ; 時計表示、視認性のいい心拍数グラフ表示、ボタン押しで画面切替で歩数、消費カロリーなどの数値を確認できる


また専用アプリケーション「PULSENSE View」で一日の各数値をグラフで確認できる




Usually img08 01 Usually img08 02 Usually img08 03 Usually img08 04  1 Usually img08 05 Usually img08 06









ところが、、

しばらく放置プレイ状態だった fitbit charge HR を2016/10にたまたま久しぶりに使ってみようかな..と久しぶりに着けてみた



41iU8RQkS2L



まず、PS-600B/C より腕に着けた感じが軽くていい

軽いので寝るときも着けて睡眠データーを取るようになった


いちいちサイドボタンを押さないと数値を見ることができない(これが欠点で使わなくなっていた)


その身体データーは専用Fitbitアプリ https://www.fitbit.com/jp/app で確認する

このFitbitはactivity trackerで確認するというより、このアプリでデーターを確認するのを主としている


ところが、ところが、、

このアプリ内のグラフがなかなかよくできていることを再認識した

EPSON「PULSENSE View」よりもいい







しばらくこの fitbit charge HR を使っていると、charge 2 という新製品が発売されるのを知った








今まで不満だったパッと見でのデーター視認性の悪さを解消、大きくなった液晶表示部には何種類かの表示モードを選べる

私は、時刻、月日、心拍数、当日歩行数を一度に見られる表示モードにしている

普段は省電力で表示されていないが、腕を傾けると表示される


ランニング、ウォーキングなどのモードでは、スマホのGPSに接続しリストバンドのスクリーンにペース、距離などのスコアがリアルタイムで表示され、トレーニング後にはルート地図がアプリもしくはウエブサイト内で表示される

activity tracker内にGPSを付けず、Bluetoothで接続されたスマホのGPSを利用することによってactivity trackerの電池の持ちをよくしている工夫には感心した

バッテリーは最長5日間持つようです

https://www.fitbit.com/jp/charge2





Thumb スクリーンショット 2016 11 01 22 36 09 1024


これがそのランニングでのルート地図

驚いたのは1kmごとのペース、地点が表示

そしてランニングしている流れでのペース、心拍数、心拍数ゾーン、消費カロリーが表示されている








Thumb スクリーンショット 2016 11 01 22 46 34 1024


流れは時間と距離とで切替えられ、またマウスカーソルをグラフ上に持って行くとその地点での各データーが表示される

上の画像でわかるでしょうか? 上のルート地図、1.5km地点にカーソルを持って行ったところでそれぞれ縦線が入り、ペースは9'03"、心拍数は125bpm、心拍数ゾーンは有酸素、消費カロリーは9.1cal / 分だということがわかります






Thumb スクリーンショット 2016 11 01 22 55 02 1024



グラフの色使い、見易さも気に入っています

去年の8月から近くのジムに通って筋トレそして減量にがんばっていますが、デスクワークが大半な私には普段の生活で活動しての消費カロリーが大事だということが最近になってよくわかってきて、このグラフを見て一日10000歩を目標、そしてなるべくカロリー消費するように心がけています


現時点で俺的最強なactivity tracker..

しばらくはこのfitbitでがんばってみようかと考えています





















 

EPSON SF-810V

| コメント(0)


Ph visual


WristableGPS SF-810V


2009から朝の散歩を続けていましたが、、

脂肪燃焼には心拍数を100以上、脂肪燃焼ゾーンに上げていくことが必要なことがわかり

最近、ランニングに切り替えました

walkingだけではなかなか心拍数100までにはいかないです (^^;


そしていろいろ数値化してランニングを楽しくしたくこんなアイテムを購入

徐々に心肺機能を上げて、来年2/14のいわきサンシャインマラソンには完走できるように目標を作りました

あ、フルマラソンではないです (^^;

とりあえず10kmの部

いつかはフルマラソン走れるようになれたらいいですね ^^




スクリーンショット 2015 10 28 10 42 49



SF-810Vで計測

帰宅しMacからEPSONのサイトにアップロード

https://go-wellness.epson.com/neo-run/user/view/









スクリーンショット 2015 10 28 11 23 03




このサイトで総走行時間、総走行距離、一時間あたりの走行ピッチ、消費カロリー、走行ピッチ、歩幅、心拍数などなどの走行データーを見ることができ

地図+をクリックするとGPSが記録した走行軌跡を見ることもできます