2017年7月アーカイブ




MarsEdit 3 は前のバージョンから使っていて自分のような独自のドメインを使っているブロガーにはとても使いやすいブログエディタです


過去、下書きを他のMacと同期させたい!

と、、それにチャレンジしたが、やり方がよく解らず一度は断念、でもMBPゲトをきっかけにまた再チャレンジすることにした

いつものようにググって参考になったサイトがこれ ↓

DropboxでMarsEditの設定・下書きを同期し、複数台のMacから利用可能にする手順



MarsEdit3Icon128 2x





引用
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(以下、設定・下書きを残したい方のMacをMacA、その他のMacをMacBと呼ぶ)

① MarsEditを終了させる


② MacAでターミナル.appを立ち上げ、以下のコマンドを入力

  (MarsEditの設定・下書きをDropboxに移動)

$ mkdir -p ~/Dropbox/MarsEdit
$ mv ~/Library/Preferences/com.red-sweater.marsedit.plist ~/Dropbox/MarsEdit/
$ mv ~/Library/Application\ Support/MarsEdit/LocalDrafts ~/Dropbox/MarsEdit/


※パスは適宜変更してください 以下同様)



③ 続いて、MacAのターミナルで以下のコマンドを入力

  (設定、下書きの格納場所をDropboxに移動)

$ cd ~/Library/Preferences
$ ln -s ~/Dropbox/MarsEdit/com.red-sweater.marsedit.plist ./
$ cd ~/Library/Application\ Support/MarsEdit
$ ln -s ~/Dropbox/MarsEdit/LocalDrafts ./



④ MacBのターミナル.appを立ち上げ、以下のコマンドを入力。これをMacBの台数分繰り返す

  (設定、下書きの格納場所をDropboxに移動)

$ cd ~/Library/Preferences
$ mv com.red-sweater.marsedit.plist{,.orig}
$ ln -s ~/Dropbox/MarsEdit/com.red-sweater.marsedit.plist ./
$ cd ~/Library/Application\ Support/MarsEdit
$ mv LocalDrafts{,.orig}
$ ln -s ~/Dropbox/MarsEdit/LocalDrafts ./




----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------





よく熟読してからやればよかったのに下書きが保存していないMacで②を実行したばかりに、母艦に保存しておいた下書きが一瞬にして消えた 笑

まぁ、ネガティブな記事でアップしようか?悩んでいたやつなので、、逆にスカッとした 笑


右上のFormat 設定も同期できるようです

それもまた消えた、、orz..






















このアーカイブについて

このページには、2017年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年6月です。

次のアーカイブは2018年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12