PowerAct Pro

| コメント(0)



引き続きNASのセットアップは続く..

2代目LSV-5S4CQWは、オムロン 無停電電源装置 BY75SWに繋いでいて、電源遮断時には自動的にOSシャットダウンするようにしておいた

今回3代目導入し、このふたつのNASにも無停電電源装置に繋ぐことにした



メーカーの自動シャットダウンソフト選択表を参考にし、PowerAct Pro Ver.5 / Ver.4 Master Agent ダウンロードまでたどり着いたのだが、、

DLするには付属のCDに記してある数値が必要なのがわかった



Dl check 01

<入力方法> ユーザ名(U) : Versionの数字のみ“*.**“と入力

パスワード(P) : “ 2項で控えた( )を含まない文字列 ”を入力

が、、

確か、もうかれこれ10年ぐらい前に購入した無停電電源装置、 商品の箱は見つけたがCDはあちこち探したが見つからない、、orz..


ダメ元でメーカーサポートに電話し、たら、製品に貼ってあるシリアルナンバーを伝えたらユーザ名、パスワードを教えてくれた 嬉!

こういう場合って大概教えてもらえないんだよな〜 感謝















2017 06 29 15 17 21




PowerAct Pro Ver.5 Master Agent をLSV-5S2T/4MSに、PowerAct Pro Ver.5 Slave Agent をLSV-5S4CQWにインストールす

LSV-5S2T/4MSにインストールした後、テスト遮断をした

自動的にOSのシャットダウンは実行されたが、その後NASの状態が修復中になってしまった 汗

環境設定>シャットダウンパラメータの設定を間違えたのか?

たぶんシャットダウンの途中で電源が落ちてしまったのだろう、、汗



修復には約2日ぐらい掛かった

NAS内、ロジテックツールのRAIDビルダーを見ると同期中とあったが、シャットダウン中にファイルが壊れたのか否か?

ちなみにその2日間は難なく共有フォルダにはアクセスできていた

もしファイルが壊れていたとしたら、、

RAID5って凄いなと思った









さらに2代目LSV-5S4CQWにPowerAct Pro Ver.5 Slave Agentをインストールしたのだが、LSV-5S2T/4MS内 PowerAct Pro モニタ > システム > エージェント自動検索にてLSV-5S4CQWが現れない、、

これは Windows ファイアウォールの設定、PowerAct Pro Slave Agent インストールマニュアル、P20 ~ ファイアウォールの設定の変更で解決した





































コメントする

このブログ記事について

このページは、jun.kが2017年6月29日 15:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「LSV-5S2T/4MS 〜 セットアップ編 〜」です。

次のブログ記事は「DropboxでMarsEditの設定・下書きを同期し、複数台のMacから利用可能にする手順」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12