2020年6月アーカイブ

2020年6月28日



20200627 GFX50464

GFX 50S + GF120mm F4 R LM OIS WR Macro



久しぶりにカメラを連れて散歩してみた








20200627 GFX50463



かなり久しぶりのGF120mm F4 R LM OIS WR Macroだが壱枚目の写真いい感じ..








20200627 GFX50472


人工的に雨を降らせてみたw








20200627 GFX50469

































2020年6月11日

VSCO Film again



プリセットはほとんど使わない俺なのですが、久しぶりにプリセットを使いたくなり思い出したのはVSCO Film

デスクトップ版VSCO Filmは2019.02で販売を終了、自分は販売を終了する前にVSCO Filmを購入してありました

が、しか〜し、、

現在のMac OS Catalinaでは VSCO Filmのインストールをしようとしてもセットアップアプリが開かない、、

ググって調べたら、VSCO FilmはMacでは

Mojave

High Sierra

Sierra

のMac OSのみサポートしているようです


我が家にある複数のMacはすべてCatalinaにアップデートしてしまっていたのでマジ困りました 汗

ところが自分の勘違いで幸運にもち〜たのMac OSがMojaveのままでした

ち〜たMac ( Mojave )で試したらセットアップアプリが開き、インストール画面になりました 嬉


とりあえずち〜たMacにVSCO Filmをインストール

VSCO Filmのプリセットファイルの場所はわかっていました

場所;Finder にて移動をクリック、optionキーを押すとライブラリが現れます

ライブラリ>application support > Adobe > CameraRaw > setting

以上の場所にファイルがあるのでそこにあるプリセットファイルをすべてコピーして母艦Macの同じ場所にペーストしました










スクリーンショット 2020 06 09 17 59



自分の購入したのはデスクトップ版VSCO Filmはphotoshop用ACR版です

Adobe Bridgeから写真を開くとCameraRawが開き、プリセットをクリックすると確かにVSCOプリセットが現れてました










スクリーンショット 2020 06 09 18 07




続いてLightroom..

photoshop用ACR版なので保存場所からプリセットファイルを読みだそうと思いました

ところが気がつくとLightroomのユーザープリセットの場所にすでに読み込まれていました

これはちと驚きでしたね〜









20200608 A9 05938

VSCO Film



もう使えないと思っていたVSCO Film

今のOSではインストール画面が開かないだけで、プリセットファイルさえ保存しておいてそのファイルを所定の場所に置けば使えるようで、これからも使い続けていきます ^^

































2020年6月 8日

きつね村



20200531 A9 05861

α9 + FE 70-200mm F2.8 GM OSS



ほんとは昨シーズンの冬に行こうと思っていたけど、我が家から東京に行くぐらい遠い距離なのでなかなか行けなかったきつね村

コロナでずっと引き籠もってストレスがたまっての気分転換にと思いドライブがてら出かけてきた










20200531 A9 05806



何匹いるんだろう、、

たくさんのきつねが放し飼いされていました

寝ている子、活発に動いている子、様々、、

ちょっと毛並みが良くないのは、毛が生え替わる時期ということでした










20200531 A9 05936



朝の散歩で少しは撮影をしてはいたものの、ガッツりと撮影したのは去年の12月以来半年ぶり

やっぱり撮影は楽しい..♪

さて今度はどこに何を撮りにいこうか?





























OpenID対応しています OpenIDについて

このアーカイブについて

このページには、2020年6月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2020年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。