« MCEX-45G WR | Home | 100 million pixel sensor »

2019年10月17日

GFX100でポートレート撮影



GFX10338 Edit

GFX100 + GF110mmF2 R LM WR




GFX100で初めてのポートレート撮影(モデル)でした

前日の天気予報では曇り→雨の予報

モデルさんと合流した時は分厚い雲が太陽の光を閉ざして暗い曇りの天気でした

あ〜きょうはどうしようか?と途方に暮れてましたが、第一目的地のトマトハウスに着く頃にはお天道様が顔を見せてくれました

お〜

ちょっとピーカン気味

ハウスの中は太陽の光がデフューズされ、いい光が溢れていました










GFX10290



撮っている時背面液晶で見る画像ではわからなかったのですが、帰宅してディスプレイで見るとモデルさんが浮き上がりその立体感に驚きました

GFX100を手に入れてからスナップ・花など撮っているもGFX50S (5140万画素)と写りがそんなに遜色ない印象でしたが、この光いい状況での写り・立体感に驚きました

上の画像、拡大するとその解像力にも驚きます

GFX100を手にするまで事前に情報を漁っていたのですが、一億画素のCMOSセンサー 光を多く取り入れてこそその能力を発揮する、、そんな一文を思い出しました








GFX10726

GFX100 + GF32-64mmF4 R LM WR




今回も瞳AFを使ったのですが、やはりα9のように瞳になかなかAFの枠がきてくれません

撮影した画像を確認するに外したピントは無し、ピントはビシッときているのですがAF枠がもたついてシャッターチャンスを逃してしまいます

瞳AFを使わず自分で瞳にAF枠を持っていったほうが早いかもですね、今度は瞳AFを切って試してみたいと思います





























コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

この記事について

このページは、jun.kが2019年10月17日 17:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「MCEX-45G WR」です。

次の記事は「100 million pixel sensor」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。