2019年10月アーカイブ

2019年10月26日

handling



GFX10222

GFX100 + GF110mmF2 R LM WR




GFX100が届いてから一か月ぐらいになり、その凄さが徐々にわかってきた

浮き上がる被写体、そしてその凄い解像感


俺視点的GFX100の欠点、そのひとつはその筐体の大きさだと思う

いつも使っているカメラバックから頭が飛び出る

大きく重いが故、気軽に持ち出すというカメラではない

ガチ撮りなカメラです










GFX10182

GFX100 + GF63mm F2.8 R WR




二つ目は、その最大解像での画像サイズの大きさにある

RAW + JPG (Normal) で記録しているのだが、一枚シャッターを押すと約220Mにもなる

5枚撮れば1G over 恐ろしい

こないだ初のポートレート撮影をしてきたのだが、約490枚 総容量 109Gだった 爆

HDDの容量喰うこと半端なく、なんともhandlingが悪い

またその画像の大きさから撮影時背面液晶画面ですら画像再生するとパッと画像が現れず、若干のタイムラグがあってから画像が再生される










GFX10745

GFX100 + GF63mm F2.8 R WR




先週、今までメインで使ってきたGFX50Sをドナドナした

筐体の小さいセミ中判をおさんぽカメラとして、、とも考えたのだが、カメラ台数が多いと使用頻度がかなり低くなりそうだし、、、

買取価格は徐々に下がっていくだろうから早めに地図ポイント化することにした



















2019年10月25日

GFX100 引いたポートレート写真



GFX10674

GFX100 + GF32-64mmF4 R LM WR




引いたポートレート写真を現像してみた

画像クリックするとFlickrに飛ぶので画像拡大してfullsizeでみてほしい

近距離で撮影したのと遜色なくモデルさん顔パーツが解像されているのがわかる

うん、そうそう、これもGFX100を購入する理由のひとつだったのだ



















2019年10月22日

100 million pixel sensor



GFX10739

GFX100 + GF120mmF4 R LM OIS WR Macro + MCEX-45G WR



ただ単に庭の植え込みにあるシンプルな葉です

徐々にですが GFX100のその凄さがわかってきました




























2019年10月17日

GFX100でポートレート撮影



GFX10338 Edit

GFX100 + GF110mmF2 R LM WR




GFX100で初めてのポートレート撮影(モデル)でした

前日の天気予報では曇り→雨の予報

モデルさんと合流した時は分厚い雲が太陽の光を閉ざして暗い曇りの天気でした

あ〜きょうはどうしようか?と途方に暮れてましたが、第一目的地のトマトハウスに着く頃にはお天道様が顔を見せてくれました

お〜

ちょっとピーカン気味

ハウスの中は太陽の光がデフューズされ、いい光が溢れていました










GFX10290



撮っている時背面液晶で見る画像ではわからなかったのですが、帰宅してディスプレイで見るとモデルさんが浮き上がりその立体感に驚きました

GFX100を手に入れてからスナップ・花など撮っているもGFX50S (5140万画素)と写りがそんなに遜色ない印象でしたが、この光いい状況での写り・立体感に驚きました

上の画像、拡大するとその解像力にも驚きます

GFX100を手にするまで事前に情報を漁っていたのですが、一億画素のCMOSセンサー 光を多く取り入れてこそその能力を発揮する、、そんな一文を思い出しました








GFX10726

GFX100 + GF32-64mmF4 R LM WR




今回も瞳AFを使ったのですが、やはりα9のように瞳になかなかAFの枠がきてくれません

撮影した画像を確認するに外したピントは無し、ピントはビシッときているのですがAF枠がもたついてシャッターチャンスを逃してしまいます

瞳AFを使わず自分で瞳にAF枠を持っていったほうが早いかもですね、今度は瞳AFを切って試してみたいと思います





























2019年10月 3日

MCEX-45G WR



GFX10203

GFX100 + GF120mmF4 R LM OIS WR Macro + MCEX-45G WR




GFX100が届いた

でもやはり、もうどうにもこうにも行き詰まっているこの頃のおさんぽ撮影にかなり久しく防湿庫で眠っていたGF120mmF4 R LM OIS WR Macroを連れて行ってみた

超久々なMacroは俺的新鮮、でもイマイチ寄れないGF120mmF4 R LM OIS WR Macroに45mmマクロエクステンションチューブ MCEX-45G WR を導入してみた

18mmのMCEX-18G WRと悩んだが45mmにして正解だったかな..

うん、そうだよ!

マクロという世界があったではないか、、

またしばらく超マンネリしたいつもの散歩道が楽しくなりそうだ




























OpenID対応しています OpenIDについて

このアーカイブについて

このページには、2019年10月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年9月です。

次のアーカイブは2019年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。