« preset | Home | 瞳AF 1st GFX100 »

2019年9月27日

GFX100







2019.07.17、α7RⅣが発表された

夏前からマイブームはGFXになっていた俺はα7RⅣのスペックを見るがどうも心動かず

当初、α7RⅢを使い続けるつもりでいた

そうしているもたぶん俺のことだからα7RⅣが発売されたらゲットしてしまうかもしれない、、と、買取価格が高いうちに、、と、最近お休み気味で防湿庫に眠っていたα7RⅢは早々に手放した














GFX100が6月に発売された

こんなにお高いカメラはちょっと、、とパスしようと思っていたが、twitterのタイムライン、youtubeなどでのGFX100の情報・画像に徐々に心動かされつついた

α7RⅣ or GFX100、どちらに転ぶんだろう俺、、














1億万画素の風景を見てみたい..

5.5段分の手ブレ補正効果・瞳AFを始め、GFX50Sからさらにブラッシュアップされたいろいろもとても魅力だった

GFX50Sをポチった時同様、計算していてもなかなかいけないので溜まっていたPとα7RⅢの売却Pを元に思い切ってポチった

8/18にポチり、待つこと39日目に俺のところに届いた










GFX10018

GFX100 + GF110mmF2 R LM WR


スクリーンショット 2019 09 27 16 04




毎度新しい機材導入の時のもかくんでのテストシュート

RAWで208M,RAW現像からJPG full size 書き出しで59Mもある

RAW+jpgで記録しているが、ちょっと数枚撮影しただけで1Gを越えてしまうから驚きだ

この写真だとF2.0薄い絞りなので1億画素の解像感はよくわからない

これだとGFX50Sと遜色ない

そのうちでてーるが出てーるような被写体を撮りに行ってみたいと考えている


5.5段のボディ内手ブレ補正があるのでGF110/2.0もこれから安心してそしてSSを大きくしなくても心配なく使えそうだ


俺的GFX100のインプレは追々書いてみたいと思います
































コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

この記事について

このページは、jun.kが2019年9月27日 20:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「preset」です。

次の記事は「瞳AF 1st GFX100」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。