« 1st Wedding photo | Home | 久しぶりの朝Walk »

2019年8月12日

A1X(SONY用) 接点の破損



GFX00551



先日のウエディング撮影、profoto A1Xをオンカメラで使っていまして、その撮影の最中に背面液晶に“このアクセサリーはなんとかかんとか、、、” というエラーメッセージが突然出た

出たり出なかったり、たぶんストロボの接点の接触不良だろうな、、とすぐに閃く

たまに出る程度で撮影には問題なく使えていた

なので重傷ではなかったのかと..


帰宅して接点をルーペでよ〜く眺めてみると、何本かある金色の接点が少し変形していた

翌日メーカーの営業日に電話で問い合わせしてみる

まだ購入して一年以内の保証期間だけど、今回のような接点の変形破損は保証扱いにはならない、、と

オンカメラで使うことはあまりないかと思うけど、買取に出すとき減額されるのはいやなので、ちゃんと直しておきたかったので面倒だけど修理に出すことにした

メーカーに送ったのが 7/16、見積のメールが来たのが 7/24、修理から戻ってきたのが 7/26だった


修理代金内訳

接点 3600

送料・手数料 1500

技術料 10000

合計 16,308



またカメラ側の接点が変形しているかもしれないので念のためメーカーに点検を出すことをお勧めします、、とあったので、α2台を入院させた

なんとも高い代償のボランティアウエディング撮影となってしまった


ProfotoさんがSONY用A1をなかなか出してこなかったのはこの接点のことがあったからなのではないか?と考えてしまった

他のメーカーの接点と違って上の写真にあるような細い金属の板の接点、もろく変形し易いですよね、、

今回のウエディング撮影、二台のα機に一台のA1Xを付けたり外したり、慌てての脱着があったりでこんな不具合が出てしまったよう、、



α2台を7/26に発送して8/5に見積のメールが届く

α9はホットシューの金属部分が変形しているようで部品交換、α7R3は異常無しだった

やっぱりカメラ本体も点検に出しておいてよかった、、

8/10, α9修理が終わったとの連絡あり、免責金y3000を振り込んだ



8/12, α9が修理から戻ってきた

設定が若干変えられているかもらしいのでα9をセットして点検・試写した

17日ぶりのmy α9はなんとも新鮮

今回、マップカメラさんの保証に入っていたので免責金y3000だけで済んだ

カメラ・レンズを購入する際はいつもマップさんの安心保書に入っていたが、今まで修理らしい修理がなく、今回は凄く助かったわ



修理代金内訳

接点 2600

修理・技術料 23800

合計 28,512


接点交換だけというのに修理・技術料、恐ろしく高いですね、、怖

α userのみなさん、くれぐれもお気をつけて〜 汗





















コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて

この記事について

このページは、jun.kが2019年8月12日 15:19に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「1st Wedding photo」です。

次の記事は「久しぶりの朝Walk」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。